心拍計つけてランニングで出勤してみた

Pocket

会社のオフィスが自宅から1駅(田舎なので隣の駅まで5kmくらい)

これはランニングをするのにちょうど良い!っという、ちょっと前から通勤を電車・自転車から「ランニング」変えてるんです。

もちろん雨の日は走れなかったり、都内に出かけるときとかはスーツを着ないといけないので走れないという日もありますが、オフィスで1日仕事っという日はほとんど走るようにしています。

片道約4.5km。朝の通勤と夜の帰宅をランニングに変えて、往復で約9.0kmほど。毎日走るとなかなか良いトレーニングになる気がします。

・・・

っと言っても自己流でただ走っていただけ。おそらくこのまま続けてもフルマラソン完走の目標は、そんなに簡単に達成できないと思われるので、今回心拍トレーニングを始めたのをきっかけに、しっかりとしたトレーニングをしたいと思います。

いつもの心拍計はこちら!
20160608_run03
これをみぞおちのあたりに装着して準備完了。

ってことで、まずはいつも走っているコースで、どの程度心拍数が上がるのかを測ってみました!

20160608_run01

最大心拍数172 結構上がってるんですね。

上記には書いてないですが、平均ペース 5:53分/km 結構ゆっくりなペースですよ。

走り始めた前半は、ちょっと使い方に慣れていなかったり、信号で止まっちゃったりで、心拍数(グラフ内の赤い線)が上下に乱降下しておりますが、後半は直線で安定。

長〜い上り坂になっているので、徐々に心拍数が上がってます。
これが徐々に同じ距離を同じペースで走っても心拍数が上がらないようになってくると良いな。

 

そして心拍計は、結構きつめにつけたほうが良いですね。
あまりゆったりと余裕のある感じでつけちゃうと、走っている途中にズルズルと下がってきます。。
それを落ちないように走りながら上げている姿って、、、女性がブラジャーの位置を直す感じに似ていて、
そのような動きを40代のおっさんがやっていると、、、はたから見ると変態ですね。。。気をつけましょう。

 

心拍トレーニングは、心拍数と言う数値を管理しながらできるのが良いですね!
この数値を上げないようにという目標ができるし、心拍数を抑えつつ走ったり。

ただ走っているだけの時よりも明確な目標ができるので。トレーニングのし甲斐がありますね。

なるべく毎日走れるように頑張ります!

Pocket

この記事を読んだ人はこちらも読んでます。

私たちもこれで出来ました


[無料メールトレーニング]
マラソン完走の7ステップ


「マラソンに出てみたい!」「ランニングを始めてみたい!」という方に、効果的なトレーニングやランニングの始め方を7回に分けてアドバイスしていきます。
具体的には、

【第1回】ランニングの効果と走る前におさえておきたいポイント
【第2回】LSDとペース走で基礎を身につける
【第3回】トレーニングに必要な期間と効果のみかた
【第4回】併せてやると効果的な筋力トレーニング
【第5回】スピードトレーニングをやってみる
【第6回】マラソンでのペースづくり
【第7回】大会に出てみましょう!

下記フォームにご入力いただくことにより登録可能です!

ご登録頂いた方には、マラソン完走のための「ランニングトレーニングカード」をPDF形式でプレゼントさせて頂いております!このカードは全14ページにわたり、トレーニング方法を写真や図などをつけてわかりやすく解説したものになります!

ぜひ下記よりご登録の上、あなたのトレーニングにお役立て頂ければ幸いです。


無料でステップメールに登録

SNSでもご購読できます。