インターバルトレーニングで心拍トレーニング

Pocket

Polar Flowでプログラムを作ってから、少しずつプログラムを消化していってますよ^^

そんな中で、あまり今までやったことなかったインターバルトレーニングがプログラムに組まれていたので早速実践してみました!

インターバルトレーニングとは?

インターバルトレーニング(Interval training)とは、高負荷と低負荷を交互に繰り返すトレーニング方法。 無酸素運動のトレーニング方法の一つである。 効果は非常に高いが、疲労度が高く体にかなりの負担をかけるのでトレーナーなどの指示の元で行う必要がある。

インターバルトレーニング – Wikipedia

 

Wikipediaには上記のように書かれておりますが、簡単に言うと、決められた時間早く走って心拍数を上げたり、その後ゆっくりスピードを落として心拍数を下げたり、その心拍数の上下動をコントロールしながら走るんですね。

実際のペースは?どのくらい心拍数を上げるの?

今回プログラムで組まれていたのは、全部で35分間のラン

その内訳は、

00:00:00 – 00:16:00 HRゾーン:1〜3(心拍数 90〜144bpm)
00:16:00 – 00:21:00 HRゾーン:4〜5(心拍数 144〜180bpm)
00:21:00 – 00:23:00 HRゾーン:3(心拍数 126〜144bpm)
00:23:00 – 00:28:00 HRゾーン:4〜5(心拍数 144〜180bpm)
00:28:00 – 00:30:00 HRゾーン:3(心拍数 126〜144bpm)
00:30:00 – 00:35:00 HRゾーン:1〜2(心拍数90〜126bpm)

このような形で、細かく心拍数をコントロールしていきます。

早速実施してみた結果はこちら!

img_-interval-training02

初めてインターバルトレーニングを実施してみましたが、結構い感じに心拍数をコントロールできれますよね!

最近心拍数HRゾーン4以上(144bpm以上)あげずにゆっくり走っていたので、久しぶりに早く走って結構気持ちよかったです!早いペースを忘れかけてたのですが、結構走れた感じ。トレーニングの成果が出てきたかな。

引き続きトレーニングに励みたいと思います。毎日コツコツですね^^

Pocket

この記事を読んだ人はこちらも読んでます。

私たちもこれで出来ました


[無料メールトレーニング]
マラソン完走の7ステップ


「マラソンに出てみたい!」「ランニングを始めてみたい!」という方に、効果的なトレーニングやランニングの始め方を7回に分けてアドバイスしていきます。
具体的には、

【第1回】ランニングの効果と走る前におさえておきたいポイント
【第2回】LSDとペース走で基礎を身につける
【第3回】トレーニングに必要な期間と効果のみかた
【第4回】併せてやると効果的な筋力トレーニング
【第5回】スピードトレーニングをやってみる
【第6回】マラソンでのペースづくり
【第7回】大会に出てみましょう!

下記フォームにご入力いただくことにより登録可能です!

ご登録頂いた方には、マラソン完走のための「ランニングトレーニングカード」をPDF形式でプレゼントさせて頂いております!このカードは全14ページにわたり、トレーニング方法を写真や図などをつけてわかりやすく解説したものになります!

ぜひ下記よりご登録の上、あなたのトレーニングにお役立て頂ければ幸いです。


無料でステップメールに登録

SNSでもご購読できます。