朝と夜で心拍数に違いがあるって本当?

Pocket

心拍トレーニングを始めたら、すぐに気付きました。

私は自宅と会社のオフィスの距離で、直線距離で4.5kmほど。運動不足解消&確実にトレーニングをするために通勤と帰宅を電車ではなく、さらに自転車でもなく、ランニングしてるんです。

これまでの私の性格上、ランニングが途中で続かなくなる可能性もあるので、「走らないと会社に行けない」「走らないと家で寝れない」っという状態を作ったんですね。

生活の一部にしてしまうとちゃんと続けられますね。

というようなトレーニングを続けていると、朝の通勤と、夜の帰宅時に、晴れた日であれば毎日走るようにしているのですが、、、毎回心拍数の上がり具合が違うんです。
そして、夜の方が走りやすいんです。早く走れる。

心拍数を144bpmに抑えるように走っているのですが、朝と夜とでは走れる速さが違うんですね。

心拍数の変動は「日内変動」

トレーニングのアドバイスをいただいている筒井トレーナーがコメントをくれました!
筒井さんの紹介はこちら
difference-in-heart-rate-in-the-morning-and-evening02

トレーニングの効果ももちろんありますが、午前よりも午後にかけてヒトの運動能力は上がると言われていて、安静時や運動中の心拍数も朝より夜の方が、若干低くなると言われているんです。「日内変動」というやつです。

そうなんですね!?
んで、トレーニング的にはどっちが効果高いんでしょ??また今度聞かなければ。

Pocket

この記事を読んだ人はこちらも読んでます。

私たちもこれで出来ました


[無料メールトレーニング]
マラソン完走の7ステップ


「マラソンに出てみたい!」「ランニングを始めてみたい!」という方に、効果的なトレーニングやランニングの始め方を7回に分けてアドバイスしていきます。
具体的には、

【第1回】ランニングの効果と走る前におさえておきたいポイント
【第2回】LSDとペース走で基礎を身につける
【第3回】トレーニングに必要な期間と効果のみかた
【第4回】併せてやると効果的な筋力トレーニング
【第5回】スピードトレーニングをやってみる
【第6回】マラソンでのペースづくり
【第7回】大会に出てみましょう!

下記フォームにご入力いただくことにより登録可能です!

ご登録頂いた方には、マラソン完走のための「ランニングトレーニングカード」をPDF形式でプレゼントさせて頂いております!このカードは全14ページにわたり、トレーニング方法を写真や図などをつけてわかりやすく解説したものになります!

ぜひ下記よりご登録の上、あなたのトレーニングにお役立て頂ければ幸いです。


無料でステップメールに登録

SNSでもご購読できます。