<運動と食事の関係性>筋肉作りをサポートする栄養素について考えてみた

Pocket

こんにちは。
今回は真面目な内容です。
(いつも不真面目なわけではないです。)

日々運動を行っている皆さんは、「食事」を気にされていますか?
タラ子はもちろん…

気にしていません!でした。。
(すみませんw)

食べたいものを、食べたいときに、食べたいだけ摂取していた結果…
現在、だるっだるな贅肉に包まれています。

でも。この度のグータラ卒業を機に、こんな甘えきった思考は捨てます!(涙)

トレーニングの効果を最大化するためには?

food2

そもそも、トレーニングの内容や摂るべき食事等は、一人ひとりの「目的」に応じて異なります。

トレーニングの目的が「ダイエット」であれば、摂取するエネルギーと消費するエネルギーのバランスを考えなければならないし。
目的が「筋肉増量」であれば、効率的に筋肉作りが促進される栄養素を摂ることが必要だし。

自分自身の目的に応じて考え、選択していかなければならないのが「食事」です。

うーん。
実にめんどくさい…

でも「運動しているのに痩せられない!」とかの場合、原因はほぼ「食生活」にあったりします。
食生活の見直しなしに、トレーニング始めたって無駄!ってどこかに書いてあったし。。

なので、頑張ったトレーニングを無駄にしない為にも、食事についてしっかり考えてみました。

カラダ作りに必要な栄養素はたんぱく質だけではない!

調べてみると「筋肉をつける=たんぱく質が必要」といった情報がたくさん出てきますが、大切なのは「栄養バランスを考えた上で、たんぱく質を多く摂る」ということみたいです。

なぜなら…

摂取したたんぱく質を消化吸収し、筋肉として合成する為にはエネルギー源となる炭水化物や脂質が必要となるし。
それと、野菜や海藻、きのこ類に含まれるビタミン、ミネラルなどの微量元素は代謝に係わるホルモン分泌に必須で、その中でも特にビタミンB群やマグネシウム、亜鉛などが重要らしい。

ということで。
トレーニングに最適な食事とは「バランスの取れた栄養素」と「豊富なたんぱく質」の2点が揃っているものを指すということですね!

トレーニング後の食事に気を付けよう!

food3

はい、これから気を付けます。w

先日のFEELCYCLE後は、ついつい飲みに行っちゃいましたよ。
汗かいた分(もしくはそれ以上)摂取してますね。

でも、たんぱく質摂ろう!という意識で、ひたすらお肉食べました。しかも赤身の。
(⇒これだけでも「私成長している…!」と思ったんですがね…)

Polar Balanceの体重管理と合わせて、自分自身の食生活を少し見直していこうと思います!

Pocket

この記事を読んだ人はこちらも読んでます。

私たちもこれで出来ました


[無料メールトレーニング]
マラソン完走の7ステップ


「マラソンに出てみたい!」「ランニングを始めてみたい!」という方に、効果的なトレーニングやランニングの始め方を7回に分けてアドバイスしていきます。
具体的には、

【第1回】ランニングの効果と走る前におさえておきたいポイント
【第2回】LSDとペース走で基礎を身につける
【第3回】トレーニングに必要な期間と効果のみかた
【第4回】併せてやると効果的な筋力トレーニング
【第5回】スピードトレーニングをやってみる
【第6回】マラソンでのペースづくり
【第7回】大会に出てみましょう!

下記フォームにご入力いただくことにより登録可能です!

ご登録頂いた方には、マラソン完走のための「ランニングトレーニングカード」をPDF形式でプレゼントさせて頂いております!このカードは全14ページにわたり、トレーニング方法を写真や図などをつけてわかりやすく解説したものになります!

ぜひ下記よりご登録の上、あなたのトレーニングにお役立て頂ければ幸いです。


無料でステップメールに登録

SNSでもご購読できます。