どれが良いのか分からないから、ランニングシューズについて調べてみた

Pocket

こんにちは!
何でも“形から”入るタラ子です。

ランニングを始めてもうすぐ1年。

すぐに飽きるんだろうなーと思っていましたが、意外と続いています。
※時々サボっているのは抜きとして…

最近は、傷んできたランニングシューズを買い替えようか悩んでいるのですが、あまりにも知識がないので調べてみることにしました!

AB〇マートでリサーチしたところ、タラ子が知ってる(気になる)ランニングシューズメーカーは下記の5社!

  • MIZUNO[ミズノ]
  • new balance[ニューバランス]
  • ASICS[アシックス]
  • NIKE[ナイキ]
  • adidas[アディダス]

ってことで。
それぞれの特長を調べてみました。

タラ子が気になるランニングシューズメーカー5社

MIZUNO[ミズノ]

mizuno_logo

まずは、日本人ランナーに人気なMIZUNO(ミズノ)から。

ミズノでは、“日本人の足にフィットする”ランニングシューズを長年研究開発しています。

「スムースライド」と呼ばれる独自のクッショニングシステムを搭載しており、走行時の揺れを軽減し、安定したランニングを可能とします。

また、シューズ内の蒸れをソール部分の通気口から排出する仕組みや、ウェーブ状のクッションプレートなど、ランニングにおける快適さをあらゆる角度から考え抜いていることが特長と言えます。

ランニングだけではなく、他の競技でもミズノ愛好者は多く、卓球の福原愛選手などもミズノのシューズを長年愛用しているそうです。

new balance[ニューバランス]

newbalance_logo

性能はもちろん、デザイン性の高さから人気のあるnew balance(ニューバランス)は、ランニング好きの芸能人などにも愛用者が多いようです。

シューズ自体は非常に軽量で、独自のクッションテクノロジーにより、初心者から上級者まで幅広くサポートが可能な製品群が特長です。

また、日本人に多いとされる幅広の足型に合う製品が多い点も人気の理由です。

クッションについては、「アブソープ」というオリジナルのクッション材が用いられており、走行時に受ける地面からの衝撃を吸収し、そのエネルギーを反発させることで蹴り出しのパワーに変えています。

ニューバランスのランニングシューズと言えば、間寛平さんがアースマラソンの際に履かれていた「MR/WR1040V」が有名ですねー。
蛍光色などが多用されていたり、可愛いシューズがたくさんあります♡

ASICS[アシックス]

asics_logo

ランニングと言えばASICS(アシックス)!
間違いなく日本人ランナーから最も人気の高いメーカーです。

「GEL(ゲル)」と呼ばれるゼリー状のクッション材が用いられており、日本人の足型に対するフィット感が他メーカーよりも優れています。
このクッション材は摩耗しにくいので、長期間クッション性が維持されます。

ソール部分は固めに作られているので、蹴り出しの反発力があり、安定感のあるランが実現できます。

余談として、アシックスは2016年のリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックの日本代表選手団用公式スポーツウェアを提供しています。
アシックスが作り続ける、アスリートの能力を最大限に引き出す“真の機能”を持ったプロダクトは、世界に誇る日本製品と言えます。

NIKE[ナイキ]

nike_logo

タラ子も愛用中のNIKE(ナイキ)!
機能性・ファッション性の両面から人気を得ている世界的メーカーですね。

どちらかというと、ランニングビギナーやデザインを重視する傾向の強い若年層からの人気が高いようです。

前項までのメーカーと異なる点としては、欧米人向けのプロダクト設計のため、シューズの横幅が狭く、足の甲が幅広の場合適さないことが多いことです。

シューズの特長としては、素足で走っているような感覚をテーマとする「ナイキフリー」の独自カッティングなどが有名です。

また、ランニングに特化した取り組みも多数展開しており、東京表参道にオープンしたランニングステーションや、専用アプリ「NIKE + Run Club」なども人気を集めています。

adidas[アディダス]

adidas_logo

スタンスミスの人気再燃など、幅広い年齢層に支持を得ているadidas(アディダス)も忘れてはいけません。

ランニングシューズも多数展開しており、軽量で通気性の良い構造などが快適な走りをサポートします。
「ブーストフォーム」と呼ばれるバネのような新感覚のクッション材が用いられており、弾むように進む感覚が特長です。
このクッション材により、走行中の前後の足で異なる動作もサポートが可能となっています。

NIKE同様、ランニングに特化した取り組みを強化しており、国内各地で「RUNBASE」等のランニングイベントを開催しています。

自分に合ったメーカーを見つけよう!

魅力的な機能や、好みのデザインなど、選択のポイントは多数ありますが…

一番大切なのは、履いてみたときの感覚です!
(ちょー基本的なことですが。笑)

今日調べてみたメーカー以外にも、PUMA[プーマ]やReebok[リーボック]とかもランニングシューズ出してますね。
うーん…悩みだしたらキリがない。

スポーツ用品店で各ブランドを試着できますし、自身のレベルに合わせて総合的に判断しましょう!

Pocket

この記事を読んだ人はこちらも読んでます。

私たちもこれで出来ました


[無料メールトレーニング]
マラソン完走の7ステップ


「マラソンに出てみたい!」「ランニングを始めてみたい!」という方に、効果的なトレーニングやランニングの始め方を7回に分けてアドバイスしていきます。
具体的には、

【第1回】ランニングの効果と走る前におさえておきたいポイント
【第2回】LSDとペース走で基礎を身につける
【第3回】トレーニングに必要な期間と効果のみかた
【第4回】併せてやると効果的な筋力トレーニング
【第5回】スピードトレーニングをやってみる
【第6回】マラソンでのペースづくり
【第7回】大会に出てみましょう!

下記フォームにご入力いただくことにより登録可能です!

ご登録頂いた方には、マラソン完走のための「ランニングトレーニングカード」をPDF形式でプレゼントさせて頂いております!このカードは全14ページにわたり、トレーニング方法を写真や図などをつけてわかりやすく解説したものになります!

ぜひ下記よりご登録の上、あなたのトレーニングにお役立て頂ければ幸いです。


無料でステップメールに登録

SNSでもご購読できます。