気になったので調べてみた!PolarA360とNIKE+での測定値の違い

Pocket

こんにちは!
減量中なので、お菓子を取り上げられたタラ子です。

昨夜は少し雨が降っていたので、さくっと3km走りましたー。

「短い距離」を「速いペース」で走ることで、心肺機能強化に繋がるってどこかで聞いた気がしたので、その練習のつもりで。

でも、Polar A360とNIKE+の測定値が1分近く差がある…なんで?

タラ子的MAXスピードのはずが…

まずは、Polarで計測した昨夜のランニングデータがこちら。

103run

これだと1kmあたりのペースがだいたい5分半くらいです。
(タラ子の中では最速!死ぬかと思いました…)

103run_1

NIKE+の方で計測したペースは1kmあたり6分半でした。

ん?なんで1分もズレてるの?

私の感覚的には、もちろん5分半!…なんですが。

NIKE+はGPSデータを基に計測してるし。
きっと、NIKE+が正しいんでしょうね。(投げやりw)

そもそも、GPS機能が付いていないPolar A360は、何を基に計測値を出しているのか分かっていなかったので、この機会に調べてみました。

※買った時にトレーナーの筒井さんが説明してくれたと思うんだけど…忘れちゃったので。w

Polar A360の速度計測方法

調べてみたところ、Polar A360は内臓の「加速度センサー」で手の動きから速度と距離を測定しているらしいです。

測定の精度に影響するもの

ここで注意しなければいけないのが、手(手首)の動きに基づいて速度・距離を計測するっていうとこ。
腕の動かし方を始めとする「ランニングフォーム」によっては正しい計測値が出ない場合もあるのです。

一般的に、スローペースで走った場合は、足の運びが活発となり、加速度センサーは実際よりも速い速度であると判断します。
また、ハイペースで走った場合は、ランニングフォームが不自然となり腕の動きが不規則となるため、速度や距離の読み取りが不正確となる事もあるそうです。

さらに、ランニング行う環境によっても測定値は影響を受けます。

結論:GPSデータが最も正確

はい。ということで。
NIKE+のデータを信じる事にします。

もっと速く走れてた気がするんですけどねー。w

ブツブツ言ってないで練習しろ!ってことですね。ちーん。

Pocket

この記事を読んだ人はこちらも読んでます。

私たちもこれで出来ました


[無料メールトレーニング]
マラソン完走の7ステップ


「マラソンに出てみたい!」「ランニングを始めてみたい!」という方に、効果的なトレーニングやランニングの始め方を7回に分けてアドバイスしていきます。
具体的には、

【第1回】ランニングの効果と走る前におさえておきたいポイント
【第2回】LSDとペース走で基礎を身につける
【第3回】トレーニングに必要な期間と効果のみかた
【第4回】併せてやると効果的な筋力トレーニング
【第5回】スピードトレーニングをやってみる
【第6回】マラソンでのペースづくり
【第7回】大会に出てみましょう!

下記フォームにご入力いただくことにより登録可能です!

ご登録頂いた方には、マラソン完走のための「ランニングトレーニングカード」をPDF形式でプレゼントさせて頂いております!このカードは全14ページにわたり、トレーニング方法を写真や図などをつけてわかりやすく解説したものになります!

ぜひ下記よりご登録の上、あなたのトレーニングにお役立て頂ければ幸いです。


無料でステップメールに登録

SNSでもご購読できます。